概ねは計画通りに進められるようです

特別委員会が開催され、議題の一つとして、北園森林公園の施設建設事業の現状が協議されました。

結論から言うと、私が感じていた疑問はまだ解消されていません。

(過去の関連記事↓)

もちろん私個人は現時点で大反対です

「北園森林公園のコミュニティ施設建設事業」に関して審議が行われました。

多少は関係団体等との意見交換は進んでいますが、ママプロメンバーの多くや近隣住民への説明や意見聴取はまだまだこれからのようです。

これまでの審査を通じて、疑問の声も多く上がっております。

これを受けて、行政としても計画の見直しを検討するとの事ですが、あまり多くの部分を見直するもりはないようです。

具体的には、今まで計画されていた森林公園のど真ん中ではなく、公園内の他の場所にできないかを検討するだけで、他は概ね計画通りに進めるつもりのようです。

賃貸ではなく建物を建設する、また建設場所は森林公園内にする、こういった点は見直されないようなのですが、この原因の多くは補助金・交付金の申請自体が目的化してしまっているためと、今日の審査を終えても私は思っています。

補助金・交付金の仕様に惑わされない、事業の本来の目的に沿った計画を求めてまいります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る