みんなの党タウンミーティングが開催されました


取手福祉会館にて、川田龍平参議院議員をお招きし、みんなの党タウンミーティングが開催されました。

川田議員は超党派議員による議員立法で成立した「子ども被災者支援法」の発議者の1人です。
「子ども被災者支援法」は昨年6月に成立し、「支援対象地域」からの避難する人も、とどまる人も、どちらの選択をした場合も、国が支援することを定めた法律です。

残念ながら、法律自体の知名度が低く、マスメディアなどで取り上げられることも少ないのが現状です。
また、具体的な予算付けも無く、法律の持つ理念が実効性のあるものになっていません。
このような現状を打開すべく、川田議員は全国を回り「子ども被災者支援法」を広める活動を行っています。
川田議員からは関連事項も含めて、多くのお話を情熱的に行って頂きました。
また、ご来場の方からの質問に対して、真摯に向き合う姿勢にも大いに感銘を受けました。

講演終了後は川田議員と会食させて頂き、意見交換をさせて頂きました。
参議院選挙ももう少しです。
今後もしっかり連携して、党勢拡大に尽力したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. 私はジャム・ザ・ワールドのリスナーですが、あの番組もスポンサーに操作されているとはショックでした
    本はスポンサーつかないので、操作される心配はないですね
    堤未果さんの番組はアメリカの貧困問題扱ったりして興味深いです

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る