来月定例会の一般質問内容について

来月行われる定例会での一般質問の内容を通告しました。

抽選で2番目を引きましたので、3月16日(金)の11時頃のスタートになると思われます。

今回は1テーマだけ、中央図書館の指定管理者制度に関してを質問する予定です。

先日の図書館協議会では、平成31年度より市の直営若しくは一部業務委託にする旨の答申が決定されました。来年度に向けて非常に議論が活発になるテーマと思われます。

どなたでも傍聴することができます。是非とも守谷市議会までお越しください。

 

1.中央図書館の指定管理者制度について

①図書館協議会における議論の経過

⑴図書館における人件費のあり方について
⑵指定管理者制度と直営とで想定される経費の比較について
⑶教育機関、生涯学習の拠点としての取り組みについて
⑷業務仕様書との関係について

②市民が求める図書館サービスとは何か

⑴アンケート等を通じた市民の意向調査について
⑵図書館における優先させる市民サービスとは何か

③今後の方針

⑴本質的に指定管理者制度そのものがなじまないと判断できるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る