東京都議会、塩村文夏氏への侮辱的なヤジについて

女性都議「ヤジ飛ばした都議、自ら名乗り出て」

東京都議会で塩村文夏あやか都議(35)が妊娠や出産への支援策などを質問した際に男性都議から「早く結婚した方がいいんじゃないか」といったヤジが飛んだ問題で、塩村都議は20日、地方自治法に基づき、発言者の特定と、発言者の処分を求める要求書を議長宛てに提出した。

 要求書では、他にも「まずは自分が産めよ」「子供を産めないのか」といったヤジがあったことも指摘し、都議会として再発防止の措置を取るように求めている。提出後、塩村都議は報道陣に対し、「ヤジを飛ばした都議が自ら名乗り出た方がすっきりすると思う」と述べた。塩村都議の所属するみんなの党の女性局も同日、発言した都議に辞職を働きかけるよう求める申し入れ書を議長に提出した。(2014年06月20日読売新聞)

私自身は傍聴に行ったことはないのですが、東京都議会は、他の自治体の議会と比べても、ヤジ等が非常に多く驚いたという話は、人づてに聞いたことがあります。
世界最大都市、わが国の窓口でもある、メガロポリス東京の「選良」がこのありさまだとしたら、正直わが国の恥にもなりえます。
他自治体の話でありますが、徹底的な改革、体質改善を願います。

ヤジの内容が極めて侮辱的で、許されないのはもちろんの事です。
加えて、その発言手法がヤジという不規則発言、おそらくは議事録にも残らず、容易に発言者が特定できない手法で行った点においてさらに卑劣さが増します。

オープンな場では的確な発言も、建設的な熱い議論もできず、記録の残らない密室になると、途端に発言が多くなる卑怯者はどこの世界にもいるのかもしれません。
しかし、地域主権が唱えられ、その責務や透明性の確保が重要視される現代の地方議会にあっては、そのような体質は許されないと考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る