一般質問初日

本日から3日間は一般質問が行われます。

私の出番は進行具体にもよりますが、3日目、15日の午前中になると思われます。もし、ご都合がよろしければ、傍聴に来ていただけるとうれしく思います。

本日出た質問の趣旨等をいくつか紹介します。

 

●図書館への指定管理者制度導入について

・図書館協議会の答申に基づいた検討が行われてきたのか。

・コスト削減をメインの目的とすべきか。

・最終的にどのような図書館を目指すのか、将来像が大事。など

●平成セレモニーホールにおける業務委託契約について

・同施設は、葬祭業務について業務委託をしていると言っているが、実質的には転貸が行われているのではないか。実態の確認はきちんと行ったのか。 など

※これに関しては、業務委託契約書のコピーの提示が求められまして、拝見したところ私も同様の印象、疑問を頂きました。

●市職員の採用について

・災害時などを想定すれば、職員は近い住所に住んでいる方が望ましい面があるのではないか。

・職業選択の自由や採用の公平性なども考慮したうえで、地元推薦枠のようなものを検討できる余地はないか。 など

 

他の方の指摘により新たな気づきもありますし、議会全体で取り組むべきと思われる課題が見えてくることもあります。

明日も10時から一般質問が行われる予定です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る