再び北園森林公園の施設建設について委員会審査が行われました

今日は一日市議会で会議でした。

採択した請願・陳情の執行状況や、JRなどへの要望活動などさまざまな進行中の状況について情報共有が行われるとともに、図書館の指定管理者制度に対する評価の仕方などに関する勉強会などが行われました。

また、1件特別委員会が開催されまして、北園森林公園における施設建設案件に関する審議が行われました。

当案件の計画の骨子に関しては、これまで提案されたものと大きく変わるものではありません。↓

「北園森林公園のコミュニティ施設建設事業」に関して審議が行われました。

概ねは計画通りに進められるようです

1点行政からの新しい提案としまして、建設場所についてこれまであった森林公園の敷地内ではなく、公園東側道路を挟んで向かい側、城址公園のトイレの裏側の市有地に建設してはという案が出てきております。

公園内部に建設するよりは、ボール遊び等が阻害されないという意味でよい提案だと思います。

 

当施設はママが活躍するまちプロジェクト(ママプロ)の活動継続拠点として設けられるものですが、最低でも7,8年はプロジェクトが継続されないと建設費がペイできないと見込まれています。

その上で、ママプロの今後の計画等が十分に見えてこない、それなのに建物建設だけが先行してしまっているのではないかなど、今日も疑問の声が多く上がりました。

3月の定例会にて本格的に審査がなされる予定です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る