経済よりも大事なもの

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110161000/99729c52b51232d7e82424f0ae389ac8_1e971d288e542f19a21220145691c8d5.js

この問題は、領土の話だけではなく、国際法に基づく紛争の平和的な解決」をという理念や正義が問われ、脅かされている問題と言えます。

これに対して、何もしないという選択をした場合、実質的にこの理念までも放棄したことになってしまいます。少なくとも諸外国はそう見るでしょう。

その覚悟があるのなら結構なのですが、今回の政府の対応は単なる事なかれ主義であり、理念を守るという覚悟も、守らないという覚悟もないように見えます。

領土問題に際して、中国商務部は「中日両国が経済貿易で協力する展望は開けている」と強調、「双方は大局を見て、長期的な形勢に従うべきだ」と冷静な対応を呼び掛けているそうです。

「大局を見て」というきれいな言葉でごまかしていますが、要は国際法などの秩序や理念など重視する姿勢がまったくないことをごまかしているに過ぎません。

経済よりも大事なものなどいくらでもあります。

現行の国際法に基づく秩序は、2つの世界大戦を得て獲得された人類の英知であり、後退させてはなりません。

少なくともわが国としては、あくまでもこの秩序を守るという姿勢を明確に貫いてほしいですし、その為にかの国々に対して、態度を改めさせる具体的な行動を期待致します。

繰り返しますが、トラブルを恐れて泥棒を見過ごしたら、泥棒に加担することになってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る