ベストなしくみは国から授けられるものではない

IMG_0656

昨日は、茨城大学における講座「地方創生とリーダーシップ」にて、守谷市議会の松丸修久氏による講演が行われました。

私も聴講したのですが、教室一杯の学生さんで座りきれないほどでした。

これからの時代における議会政治のあり方、地方創生の取り組みなどに関するお話しでしたが、まず国会と地方議会とではしくみが違うということ自体、あまり学生さんには意識されていないのかなと、端で見ていて感じました。

そういえば、学生時代に習ったことを思い出してみても、例えば「二元代表制」という言葉自体も出てこなかった気もします。

最も、プロの議員の中にも「私は市長派(与党)だ」と言って憚らない例も多々見受けられますので、学生さんがよく分からなくなるのも仕方のないことなのかもしれません。

 

議院内閣制や二元代表制といった制度ですが、我々の民主主義の発展にとって、どれがベストか決まっているものではありません。特に地方自治体に関しては、その面積、人口、産業構造、課題等さまざま違いますので、正解は自治体の数だけあるといってもよいと思います。

にも関わらず、自治法などでガバッと「一律に」制度の骨格が定められている時点で本当の意味での地方自治ではないと感じますし、ベストなしくみは国から授けられるものではなく、自治体の側からさまざまな異なる正解が生み出されるものでなくてはならないのだろうと思います。

現代はそんな過渡期なのかもしれません。

私としても、機会を見つけて勉強会等にも参加し、何かしら一助となれればと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る