成長こそが解決策です!

ムダの削減や節約はとても大事です。

企業においてもコピー用紙の仕入先を変えて安くするなど、アイデアはあると思います。


が、しかしコピー用紙がいくらか安くなって、社員や株主が幸せになるでしょうか。

給料が上がったり、社内の士気が高まったりするでしょうか。

ちょっとそうは思えません。


結局のところ、企業を元気にしていくためには、新しい商品やサービスを開発して売り上げを上げていくのが必要不可欠です。

利益が減りました→経費を減らしましょうという発想は、どうも後ろ向きというか、根暗な感じがします。

そのような発想の人は経理部長には向いても、社長には向かないと思われます。

もちろん経費の節減は必要なことですし、有効です。

しかし、リストラで成長した会社というのはありません。


民間では特筆するに値しないことですが、政治や行政の世界では当たり前になっていません。

特に政府与党は経理部長ではなく、社長的な意識を持ってしかるべきです。


我々みんなの党は


●年率4%以上の名目成長で、今後10年間で所得を5割アップさせることを目標とする。

●地域密着型産業(医療・介護、福祉、子育て、家事支援、教育、農業等)を規制改革、税制改革によって創出。地域を支える中小企業の活性化、競争力向上を支援するため「中小企業憲章」及び「中小企業条例」を制定。農業分野では海外進出に向けた攻めの政策を打ち出す。

●経済特区を拡大し、規制改革を推進する。


など明確な「成長」を志向した政策をずっと訴えさせて頂いております。

もう日本は成長しないなどと決め付け、社会保障による分配のみを説く方もいるようですが、私は全く信じません。

有権者の皆様のお力添えにより、成長する日本への第1歩を刻んでいただけたらと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る