モコバス新ルート

守谷市の市内循環バス(モコバス)は、現行板戸井方面やいこいの郷に向かうAルート、南守谷方面に向かうBルートの2ルートが運行されております。

これに加えて市内の商業施設や医療機関を経由する新ルートが検討されています。


※医療機関

守谷眼科皮膚科医院、会田記念リハビリテーション病院、ひがしクリニック慶友、永瀬内科、アワーズ守谷内の診療所、いとう眼科、イオンタウン守谷内の診療所、さとうクリニック、立沢クリニック、新守谷皮膚科クリニック、守谷耳鼻咽喉科クリニック、しばたキッズクリニック、慶友病院、かねこ整形外科クリニック、守谷総合第1病院  など


※商業施設

イオン取手店、西友楽市守谷、ジョイフル本田守谷店、イオンタウン守谷、アクロスモール守谷、アワーズ守谷、アピタ守谷店  など


基本的な考えとして総便数、予算等は現行規模を維持するものであり、Aルート、Bルートの便数を減らして新設ルートに回します。

新ルートについては左回り4便、右回り4便の8便が予定されているとの事です。


モコバスは利用客の少なさが取り上げられることも多いですが、元より黒字は望むべくもありません。黒字にできるなら市がやらず、民間がやれば良い話です。

赤字でも高齢者の交通手段としてや交通空白地の解消など、公費で行う価値があるとの考えのもの行われているわけですが、どこまで経費をかけるべきかという点については難しい所です。


平成25年度予算では、約9100万円の予算が計上されておりますが、この内国の補助金は670万円に留まり、多くが市の一般財源で賄われております。

総務常任委員会でも検討されていますが、全市的な議論が必要だと思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. ジョイフル本田は守谷に限らず、車で行くことが前提の店舗が多いです
    商品も大型のものが多く、自転車やバイクで運ぶのは困難です
    駐車場もふれあいも困難しているなど、課題も多いですが検討の価値はあると思います

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る