動物愛護に関する勉強会

昨日は、小川一成県議会議員の事務所にお伺いし、NPO法人CAPIN(動物愛護を考える茨城県民ネットワーク)の方々と勉強会に参加しました。
茨城県の犬・猫の殺処分数は全国トップですが、この恥ずかしい現状を含め、関連したさまざまな現状や海外も含めた各地での取り組みなど、情報交換・意見交換を致しました。

ペットは家族であり、動物との共生あっての人間社会です。
よりよい共生のあり方を探ることが、人の気持ちを守り、より良い街づくりにつながっていくと信じます。

近日中に笠間市の動物指導センターや先進的な取り組みを行っている牛久市、阿見町などに視察に行く予定です。
市政と県政、また官民一体となった取り組みを進め、少しでも状況を改善できるように、そして守谷市政にも生かすべく研究していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. 今回もまた働きかけて頂きありがとうございます。小川議員にも心よりお礼申し上げます。このようにお時間をさいて耳を傾けてくれること本当に有り難く思います。すっきゃねんさんも書いておられましたがやはり動物と共に暮らすことは生涯その子の命と共にであり、避妊、去勢等の管理などもきちんとし無責任な飼い方をやめることで保健所に持ち込まれる子達は随分減ると思います。ブリダー、生態販売の問題もありますが。やはり飼うということはどうゆうことかと個人、個人の意識も大切だと思います。たくさんの方が動物を救う活動をしてくださっていますが、飼うということに責任を持つ意識が高まらないととも思います。また保健所で殺処分の業務を行わないといけない職員さんの精神的負担、ストレスの軽減なども私達は考えなければならないとも思います。辛い仕事です。殺処分0を目指すためにその前に一人一人がしなくてはいけないことはなんでしょうか。いつもそう思います。可愛い!だけではなく命を預かるのですからね。
    このような働きかけが人の意識も変えることに繋がることも願います。なかなか簡単にはいかないこともあると思いますが、いつの日か必ずこの働きかけが実を結ぶ日を信じています。他府県ですがこのように実際に動いてくれて前向きに検討してくれる議員さんがいて羨ましいです。何卒これから宜しくお願い致します。動物に優しいモデル地域になって下さい!小川議員さんにもありがとうございました。これからもご検討お力添え宜しくお願い致します。とお伝え下さいませ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る